ラッキードスケベ!ネタバレ2

淫運成就のお守りでラッキースケベしまくり!?

どんな可愛い子でもエロい事ができる

ラッキードスケベはこちら

 

ラッキードスケベ!

▲無料画像はこちら▲

 

ラッキードスケベ ネタバレ2

「淫運成就」のお守りの力を確信した主人公。
このお守りをあけてみると、中には謎の粉が・・・
(これを舐めれば・・・お守りが無くてもラッキードスケベが起きるのでは・・・)

 

お守りなしでもラッキードスケベを起こしたいヒロシはその粉を舐めてみます。
結果は・・・効果抜群!
お守りなしでもラッキードスケベが起きる体質になったヒロシ。

 

喜び勇んで学校に突入します。
ちなみに、ヒロシの年齢は30歳。
もう学校に行く歳ではありませんが、ラッキースケベのためだけに学校に忍び込んだのです。

 

忍び込んだというより、堂々と入っていたのですが、ラッキードスケベのお守りの力か誰も不振がりません。
どうやら学校内で工事が行われていて、作業員と間違われているようです。

 

学校内をうろうろしているとものすごく可愛い子が!!
ヒロシは早熟しすぎなその女の子に襲い掛かります。
後ろからおっぱいを揉みまくり!?
(!?ちかん?学校でぇ!?)

 

驚いて声も出せない女の子。
ヒロシはお構いなしにおっぱいを揉みまくります。
(ん・・・声出したらこの人、逮捕されるだろうなぁ・・・可哀想だけど・・・)
(それより、人が来てる〜〜〜っ!!)

 

登校時間ということもあって、何人かが近づいてくる気配がします。
女の子もその気配を察してはいたのですが、硬直して何もできず。
結局、抵抗らしい抵抗もできなかった女の子ですが、人が来る前にヒロシは雲隠れ。
人に見つかってもいいと思っていましたが、さすがにまだそこまで大胆に慣れなかったようです。
ラッキードスケベのお守りの力をまだ確信しきれてないみたいですね。

 

ちなみに、ヒロシにおっぱいを揉まれた女の子の名前は分からずじまい。
また登場してほしいですね。

 

そのまま学校内をうろつくヒロシ。
「・・・」
直感的に屋上に何かあると感じ、登ってみると・・・
そこには眼鏡の女の子がオナニーをしていたのです。
その子の名前は「ろうら」ちゃん。
漢字で書くと「蝋裸」というとんでもない名前です。

 

でも、学校の屋上でオナニーするのはどうかと・・・
いくらラッキードスケベの力とはいえ、ビビるヒロシ。
この若さで変態の扉を開いてしまったろうらちゃん。
(こいつ、俺よりヘンタイの素質あるわ)

 

ヒロシに見つかった時こそ、真っ赤になって止まってしまいましたが、
「ほら、見ててやるから続けろよ」
というと、またオナニーし始めるのです。

 

ラッキードスケベとかそういった事抜きにして変態すぎますね、この子。
実はろうらちゃんは、自分の変態っぷりを男に知ってもらいたかったのですが、身近にそういう相手がいなかったようです。
(普通いませんが笑)

 

そこにラッキードスケベのお守りの効果で現れたヒロシ。
ろうらちゃんにとっては救世主みたいなものです。

 

ヒロシがオークチンコを出した途端、目の色が変わり
「入れたい入れたい!入れたい!!」
いきなり現れたヒロシのオークチンコを見て勝手に興奮するろうらちゃん。
もうヤることしか頭にないようです。
実は、ろうらちゃんの頭の中はヤられる妄想でいっぱい。
相手がヒロシだろうが誰だろうが関係なかったようです。

 

それどころか
「お願い!一線を越えてぇ!」
なんて願うほどの変態っぷりを発揮します。
「・・・これもラッキードスケベのお守りの効果だよな・・・」

 

あまりにろうらちゃんがヤりたがるので逆に不安になるヒロシ。
しかし、これもラッキードスケベのお守りの力と信じてヤってしまいます。

 

えっちの最中も自分の欲望を際限なく吐き出すろうらちゃん。
とんでもなくエロい子です。
まろん☆まろんさんのエロ漫画の中でも屈指のエッチ&変態好きの子のような気がします。

 

屋上だけでは飽き足らず、学校の廊下やトイレでエッチしまくるヒロシ。
ろうらちゃんは文句も言わずに、というか自らエッチしたがるくらいです。

 

結局、男子トイレで拘束されるろうらちゃん。
もうラッキードスケベのお守り関係ないくらい発情しまくりのろうらちゃんがエロいです。

 

ろうらちゃんは拘束されっぱなしなので、男子生徒たちが入ってきて見つかってしまいます。
「おねがい・・・見ないでぇ・・・」
か細い声でお願いするろうらちゃんですが、顔は笑っていたりします。
どうやら長年の妄想が現実になって嬉しいようです。

 

そのままトイレでヤラレまくってしまうろうらちゃん。
男子生徒にも見られてしまった、翌日からセクハラの嵐になったようです。

 

ラッキードスケベを今すぐ読むにはこちらら